「またくだらないことばっかりして!」は最高の褒め言葉だと思ってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ギガプリン☆
from 春夏秋*冬  
今回だけは。
from こんなときどうしたらいい?~..
プリンが崩れゆく宴
from 32χ
トラバでボケましょう ~..
from 開催事務局
突発性アレ散文  たまにね。
from 楽し気に落ちてゆく雪
『トラボケ』開催日のお知らせ
from 工場と微笑
どうやってトラバでボケて..
from 世界が嫉妬する寺へ・・・
【末永く】 燃素部長 【..
from 自戒録 by hito vo..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
検索
タグ:アレ散文 ( 60 ) タグの人気記事
金木犀のパレード
東京は昨日くらいから金木犀がもの凄く香るようになってきましたね。
ということで新作のアレ散文をひとつ。

------------------------------------

街は金木犀のパレードで賑わう季節になって
カムパネルラ通りも甘美な誘惑に包まれている終末の午後
毎年この季節の街は一日中夕暮れ色に染まって何もかもが溶け始める

僕らが出会ったポップアートな海岸線も
ノートの切れ端にスケッチしたヤムヤム公園の噴水広場も
橙空のノスタルジックな心象風景も
焦げ付いたフライパンも色褪せたスーツケースも洗い損ねた洗濯物も
愛も夢も自由も希望も
全てのものが誰に遠慮することもなく溶け出していく
それは野山が新緑に染まる季節にサラサラと流れる小川のような
そんな緩やかで心地よい溶け方をしている

当然僕も君も溶け出しているのだけど
芳しい金木犀の匂いにまみれた君は
アンデルセンの童話の中に出たり入ったり縮んだり伸びたり
世界の終末をまるで大好きなショートケーキを食べるかのように謳歌していた

何時間経ったのかそれとも何秒の世界だったのか
丘の上の時計台の鐘が六つ鳴って
金木犀のパレードが終わりを告げる頃になると
夕暮れ色に染まった街はもう完全に溶けてしまったらしかった

街が溶けてしまった後には鼻を芳す匂いも消え去り
辺りには季節外れの夕凪が無数に彷徨っている
突然の鐘の音に満月の奴も準備不足で三日月のまま駆け上がってくるし
夕暮れ過ぎても暗くならない街に用はないと
公園のベンチで不貞寝をしていた夜までもが起き出してきて
夕闇がジェット機の騒音のような勢いで迫ってきている

街往く人々は皆足元から夕凪に侵食されてしまったようだ
辺りはすっかり夜の支配下に置かれ
パレードがあったことさえ誰の記憶にも残らないのだった

僕と君も例外ではなく
夕凪が爪先から侵食してきてやがて僕らは一粒の種になった
きっと来年の今頃は黄色い花を咲かせるのだろう
カムパネルラ通りがまた夕暮れ色に染まる季節が来れば
[PR]
by earll73 | 2007-10-07 23:11 | アレ散文
梅雨の渚中央通り一丁目
わいわいわいわい
渚の中央通りには昔かたぎの動物がいっぱい
わいわいわいわい
サマーガールがクルっと一回転したらもうアマゾネス
彼女はコーラの缶を開けてもプシューってならない才能を持ってる
僕はそれよりもおにぎりの中身を当てる才能が欲しいかな
ゴーインゴーイン爽快ジェットで今日も素敵ハウスで熱帯夜
わいわいわいわい
電車に傘を忘れたけれど渚には関係ないのさ
ここは雨も降らなきゃ不安要素も降ってこない
タンクトップブルースが渚に響き渡れば
魚は笑い、犬ははじける
人間なんてそんなもの
わいわいわいわい
バナナチップスをほお張るジャングルから来た若頭
そんなんじゃ世界の歪みは矯正出来ないけれど
ドリンクバーに岩石を入れている人くらいは救えるだろうか
でも、キャンプファイヤーの蒔き割りくらいはやってもらうよ
古いギター一本でアコースティックな夜を迎えよう
わいわいわいわい
渚に集まった動物たちのハーモニー
みんな後ろを向いてこそこそしてる
それが何なのか誰も知らないし知らなくていい
ステレオは大音量にしてあるし、エアコンもガンガン効いてるから
テレビだってゴミの山からこんにちは
渚はいつも地球にやさしくエコライフ
わいわいわいわい
僕らは渚にいたはずなのに
知らない間に夏のみぞおちに向かって歩き出してる
わいわいわいわい
ついこの前の夏休みの宿題は
バジリスクのページが開かれたまま未だに僕が戻るのをずっと待ってる
[PR]
by earll73 | 2007-06-15 18:00 | アレ散文
大相撲モヘンジョダロ場所千秋楽
さぁ、千秋楽を迎えました大相撲モヘンジョダロ場所。
結びの一番は全勝同士の対決です。
この取り組みに勝利したほうが今場所の優勝力士となります。
勝つのは東の横綱しめじ山か?
それとも西の大関カルボナーラ灘か?
本日の行司は行司一筋30年、家庭を疎かにして去年奥さんと熟年離婚したパプリカ斎藤さんです。
丸い土俵上では、二人の力士がお互いに獲物を狩るかのように見合っています。
おっと、しめじ山に見つめられているカルボ灘の顔がちょっと赤くなったか?
カルボ灘、少女漫画の恋する乙女のようなきらきらした目をしております!
さぁ、時間いっぱいになりました。
「見合って見合って、はっきよーい、のこった!のこった!
欠席者がいて給食のゼリーが1個のこったのこった!」
これは大激戦を予感させるパプリカさんののこったコールが出ました!
その声に反応して、最初に飛び出したのはしめじ山だー!
つっぱった!つっぱった!
お肌がつっぱった!
しめじ山は自分の肌のつっぱり具合をカルボ灘に見せつけています!
これは効いたかカルボ灘!
いやいや、全く効いていないぞー!
カルボ灘がしめじ山に張り手を一発食らわしたー!
「私の誕生日には仕事行かないって言ってたじゃない!」
おぉっと、この攻撃は痛そうですしめじ山!
足元がふらついております!
張り手が効いたのかこの一言が効いたのかどっちだー?!
しかし、しめじ山も踏ん張ります、カルボ灘の足を取りに行ったー!
こ、これは、出るかしめじ山の十八番!
ドラゴンスクリュー!
しかし、そう簡単には足を取らせませんカルボ灘!
今度は逆にカルボ灘がしめじ山の足を狙って行きます!
「相撲なのにプロレス技は反則だろ!」
しめじ山の揚げ足を取りに行ったー!
これには多少のダメージを受けた様子ですしめじ山!
しかし、怯まずに今度はカルボ灘のまわしを取りに行きます!
「のこったのこった!
バス遠足の席決めで自分だけペアが組めなくて、のこったのこった!」
切ない!
パプリカさんの切ないのこったコールが出ましたー!
この切なさはきっと離婚の影響だと思われます!
おっと、ここで、しめじ山がカルボ灘のまわしを取った!
そしてブレーンバスターの体勢に入りました!
揚げ足を取られてもまだプロレス技で攻めるようです!
カルボ灘の180キロの巨体が持ち上が、、、らない!
持ち上がりません!
必死に耐えるカルボ灘!
持ち上げようとするしめじ山!
一進一退の攻防に会場も沸いております!
「金返せー!」
「早く終われー!」
会場の大声援を受けて、ますます力が入る両力士!
いや、おっと、ここでお互いまわしから手を離してしまいました!
どうしたことでしょう?
お互い息を切らしてぜぇぜぇ言っています!
ん?ここでカルボ灘がまわしから何かを取り出しました!
これはティーセットだー!
お茶は何だ?レモンティーか?ミルクティーか?
いや、違う!これはミントティーだー!
どうやら疲れたので少し休憩が挟まれる模様です!
さぁさぁ、美味しいお茶を用意するからここに座ってと促すカルボ灘!
「もう喉カラカラだよー」というジェスチャーをして、その場に座ろうとするしめじ山!
おっと、これはもしや?!
・・・しめじ山、土俵に座ってしまいました!
勝負あり!
「勝者、にーしー、カルボナーラ灘!」
この勝負はカルボ灘の頭脳プレーで決着の様子です。
しかし、これには当然道具を使ったので反則ではないか?という物言いがつきます。
ただいま、審議が行われている最中なので、その間に人口衛星からの写真判定を見てみましょう。
はい、青い地球が見えます。
いや、しかし、ところどころ茶色く砂漠化した地帯が見えますね。
環境破壊が進んでいる事を物語っている写真でしょう。
ちょっと遠すぎるのでもっと拡大してみましょう。
おっと、こちらは木がたくさん生えていて、林か?いや、これは毛穴だ!
カルボ灘の毛穴であります。
ちょっと近すぎました、もう少し離れてみましょう。
これです、これ、まさにティーセットであります!
人工衛星から写真判定しなくても明らかにティーセットです!
ここで、評議委員の審査が終わったようです。
行司のパプリカ斎藤さんから説明があるようですが、この辺で放送終了の時間になってしまいました。
残念ながらここで視聴者の皆さまとはお別れです。
結果は23時からのスポーツニュース番組「スポーツずんぐりもっくり」でお伝えいたします。
それでは、モヘンジョダロから中継はここで終了させて頂きます。
ばいちゃ!
[PR]
by earll73 | 2007-04-05 23:21 | アレ散文
マッシュルームからこんにちは
着替えようと思ってクローゼットを開けると
その中には一面マッシュルームが生えていた
マッシュルームからこんにちは
フィッシュルームからこんばんは
マッシュルームからこんにちは
ウォッシュルームからさようなら
マッシュルームからこんにちは
ムッシュルームに住みたいな
ラッシュルームは夢の跡
マッシュムールとムール貝
マッシュルームからこんにちは
現金主義はもうたくさん
[PR]
by earll73 | 2007-03-14 12:10
Pixy Pixy
箱男!Hey!
箱女!Yeah!
Oh!Pixy!Pixy!

大切なものをなくしたときに唱えるおまじない

コーヒーは苦いから飲まない
わさびはツンとするから食べない

お子様からお年寄りまでイリュージョンしちゃう

関係ない 関係ない

専門書なんて必要ない
オープンカーも必要ない

箱男!Hey!
箱女!Yeah!
Oh!Pixy!Pixy!
[PR]
by earll73 | 2006-10-26 13:03 | アレ散文
ぼんやり魔王
急に目の前がぼんやりしてきたのは
ぼんやり魔王が目を覚ましたから
ぼんやり魔王は世の中全てをぼんやりさせる
早朝新聞配達のお兄さんも
通勤途中のOLさんも
みんなうつろな目をしてぼんやりしてる
時間だけが過ぎていく人生で
食べるために仕事をし
明日の仕事のために眠りにつく
誰が為に金を張る?
誰がバンビを殺したか?
ぼんやり魔王は知っている
ぼんやり魔王は小声で囁く
ぼんやり魔王は嘘をつく
チェス盤の上の王様は
チェックメイトの前に逃げ出した
歩みを忘れた太陽は水平線から沈まない
それでもぼんやり魔王は
いつでも玉座に座ってぼんやりしてる
[PR]
by earll73 | 2006-09-27 15:26 | アレ散文
夕涼みの残像
振り切ったのは 
風切ったのは
誰かの日曜日

打ち水にまみれる
夕暮れ過ぎの商店街
コックピットから見てる

泥と汗にまみれた高校球児たちは
遮二無二白球を追う
河原に置いてきたのは
鉛の飛行船

西の空には深緑の戦闘機
真っ赤に焼けた夕日の中を
切り裂くような一太刀の影

風鈴の音とヒグラシの鳴き声に
何かを期待してみても
サイレンの轟音にかき消されるばかり

夕涼みの残像が燃える
僕は酷い耳鳴りの中にいる
[PR]
by earll73 | 2006-08-09 10:12 | アレ散文
ホタルイカ漁にて
「赤パジャマ、青パジャマ、黄パジャマ、茶パジャマ」
黄パジャマじゃなくて、奇パジャマなら面白いのにな。
そんなことを頭の隅で考えながら僕は今、ホタルイカ漁の漁船に乗っている。
信号も赤、青、奇色。
奇色なら、絶対、赤や青よりも目立つと思う。
24時間テレビも黄色のTシャツじゃなくて、
奇色のTシャツにすればもっと華やかになるし。
黄色い声も奇色い声にしたほうがしっくりくるよね。
たいがい奇妙なこと言ってるし。
じゃ、奇色ってどんな色って聞かれると
「それはあなたの心の中にあります。あげあげ。」
としか言えないんだけど。
あ、高波の影響で漁船は港に帰ることになったみたい?
ホタルイカ漁楽しかったな。
また来年も行きたい。
[PR]
by earll73 | 2006-05-21 23:30 | アレ散文
物体X
どちらかと言うとそれは青春のほろ苦さに似ていて
真冬の太陽が落とす影のような淡い色と
五感が結託するような円錐状の匂いをしている
甘美で優雅な味かと思えば、堕落と怠惰な味もする
地上60階のビルディングから颯爽と飛び降りても
精神鑑定などものともしない抜群の柔軟性をもち
噛まれても踏まれても気分はいつも上々である
鮮やかな口紅色に染まった地上のステージでは
真夏の風鈴のように涼しげな顔で静かに歌う
近くから見ると存在感すらないのだが
遠くから見ると巨大にそびえたつ歴史の遺産とさえ思える
時間という概念を持たず
世界という秩序も知らない
命の灯火などとは無関係なのに
エネルギー源は好奇心
一口食べたらそれはもう、新世界への扉が開く

あなたはそんな物体Xを味わったことがありますか?
[PR]
by earll73 | 2006-05-17 21:58 | アレ散文
キュウリから山芋 (Respect)
この物語を今は亡き友に捧げます。 
2006.05.12 小栗播人


-----------------------------------------------------------------

「山芋運送と掛けまして、キュウリと解きます」
「その心は?」
「車はキュウリ止まれない」
「わっはっはっはー」
「うまい!内山田くん、キクさんに一枚やって下さい」
ブラウン管の中では黄色の着物を羽織った落語家の回答に、会場がどっと沸いていた。

・・・どこが面白いんだろう?
俺にはそれがわからなかった。
ただのダジャレだよな?
この回答にそれ以上のものがあるのだろうか?
俺の笑いの琴線には触れない何かが・・・?
大多数の人は今のを聞いて面白いと思ったのだから、俺の笑いのセンスは少数派なのか?
いや、でもこの答えはおかしくはないか?
山芋と掛けたのにその答えにはキュウリしか出てこないではないか。
車だけなら山芋は必要ないのでは?
この山芋運送から何かを掴めということ?
そこにこの問い掛けの鍵があるのだろうか?
いや、しかし・・・
山芋運送から何を読み取ればいいというのか。
そこまで高度な笑いが今の回答に凝縮されていたとでも・・・?

キュウリ、山芋、キュウリ、山芋、キュウリ・・・
頭の中でキュウリと山芋がグルングルンと宙を舞う。
キュウリ、山芋、キュウリ、山芋、キュウリ・・・

俺は気が狂いそうだった。
いや、もうこの時、すでに狂っていたのだろう。
何かが止まらない衝動で、着ていたシャツを脱ぎ捨て、Tシャツもジーンズもパンツさえも脱ぎ捨ててしまった。
そして、このまま家を飛び出し高速道路を駆け抜けたい衝動が襲ってきた。
「うぉー!キュウリィー!」
俺は思わず叫び声を上げてしまった。
この雄叫びをきっかけに、テレビを見ていた2階の部屋から階段を駆け足で降り、家の廊下をそのまま走り出した。
玄関までたどり着き、ドアノブに手を掛ける。
ガチャッ。
勢いよくドアを開けると、力強い夕暮れの西日が俺の目をかすめさせた。
まばゆさに目がくらみ、その強烈な陽光に照らされた時に、俺は自分自身が病んでいるのかもしれないと気付かされたのだった。
そして、同時にキュウリから山芋の答えにも。

・・・俺は病んでいる。
病・・・?
やまい、も・・・?
キュウリから病も。

そういうことだったのか。
俺はまんまとあの黄色い着物の落語家にはめられたのだった。

全てを理解した俺は、清々しい気分で玄関から飛び出した。
もちろん、大爆笑しながら一糸纏わぬ姿のままで。
[PR]
by earll73 | 2006-05-12 16:30 | アレ散文