「またくだらないことばっかりして!」は最高の褒め言葉だと思ってます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ギガプリン☆
from 春夏秋*冬  
今回だけは。
from こんなときどうしたらいい?~..
プリンが崩れゆく宴
from 32χ
トラバでボケましょう ~..
from 開催事務局
突発性アレ散文  たまにね。
from 楽し気に落ちてゆく雪
『トラボケ』開催日のお知らせ
from 工場と微笑
どうやってトラバでボケて..
from 世界が嫉妬する寺へ・・・
【末永く】 燃素部長 【..
from 自戒録 by hito vo..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
検索
或る日曜日
ホルマリン漬けにされた僕の肉体。
模造紙の上の麒麟が僕を見てニタニタ笑う。
こんな快晴の日曜日なのに、
ステレオから剥きだされるのは心なしか哀しいギターポップ。
お洒落なあの娘は毎日パン屋でパンを捏ねてる。
時給は350円。
僕が「なんでそんなに安いところで働いてるの?」って聞くと、
彼女は決まってこう答えるんだ。
「森には木があるでしょ?海には海水がある。空には雲がある。
それなら、パン屋にはパンがなくっちゃ。」
それを聞いて僕は、本当はホルマリン漬けにされたのは僕の肉体ではなく
僕の心のほうなんだなと思った。  
[PR]
by earll73 | 2004-08-08 01:19 | アレ散文
<< TB1行リレー小説第51話 エキブロコンテスト賞金オフ >>