「またくだらないことばっかりして!」は最高の褒め言葉だと思ってます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ギガプリン☆
from 春夏秋*冬  
今回だけは。
from こんなときどうしたらいい?~..
プリンが崩れゆく宴
from 32χ
トラバでボケましょう ~..
from 開催事務局
突発性アレ散文  たまにね。
from 楽し気に落ちてゆく雪
『トラボケ』開催日のお知らせ
from 工場と微笑
どうやってトラバでボケて..
from 世界が嫉妬する寺へ・・・
【末永く】 燃素部長 【..
from 自戒録 by hito vo..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
【歴史】 トラバでボケま..
from トラバでボケましょう 200..
検索
カテゴリ:ネタ( 12 )
必ず合格する面接の方法
不況で就職活動も大変ですよね。
そこで今回は「毎日が送りバント式必ず合格する面接の方法」を公開したいと思います。
これを読んだら面接合格間違いなし!

【面接前】
面接は待合室で待っているところからもう始まっています。
待っている時は携帯などをいじらないように。
どうしても手持ち無沙汰ならガンプラでも作って待ちましょう。
その時はザクやジムよりもグフやギャンの方がこいつやるなと思わせることが出来ます。
しかし、ガンダムやシャア専用などは避けましょう。
面接前からあまり主張しすぎてもいけません。

【入室時】
次に入室時の注意です。
ノックは2回、ドアを開けたら2礼2拍手1礼も忘れずに。
3回まわってワンまでやるとより丁寧な入室の仕方になります。
面接室に入ってからもすぐに椅子に座ってはいけません。
まずは椅子がどこにあるか確認しましょう。
面接官の正面に椅子があればいいのですが、いたずらっ子な面接官の場合は椅子が隠されている場合があります。
その時は面接官の隣(ラブシート)や天井裏、5分後の未来などを探してみましょう。
その他の例としては面接官の膝の上に座るということもあるので気をつけてください。
その場合は、あぐらをかいたおじいちゃんの膝の上に座る孫のような温かい気持ちで接しましょう。

【面接中】
面接の最初はやはり自己紹介です。
簡単に自己紹介をしてくださいと言われたら「うふふ、そんなに私のことを知りたいの?」とミステリアスな雰囲気をかもし出して下さい。
間違っても「人に名前を聞くなら貴様が先に名乗るのが礼儀だろう!」なんて言ってはいけません。
面接官もびっくりして泣いてしまいます。
ここは相手に興味を持ってもらえるような回答をするのがベストです。

次に聞かれるのは志望動機でしょうか。
これもよく間違えて「生きている意味がわからなくなった」とか「あいつを殺して自分も死のうと思った」とか答えてしまう人がいますが、死亡動機ではありませんよ。
「毎日の間食がやめられなくて~」と言う人もいますが、脂肪動機でもありません。
志望動機にもトレンドがあるのですが、少し前までは「アナタノコトガ~、チュキダカラ~」の1択でした。
しかし、現在はこれを使うと時代遅れの珍走団(暴走族)を見るような目で見られて半笑いされてしまいますので気をつけましょう。
今はうつろな目で受け答えすれば何を言っても(親の悪口以外は)大丈夫だと思います。
話の途中で奇声を発したり、見えないものを怖がったりするのも大変有効です。
あ、こいつヤってるな(流行に敏感だな)と思わせてください。

「あなたのモットーはなんですか?」これもよく聞かれる質問ですね。
その時はこう答えましょう。
「負けないこと。投げ出さないこと。逃げ出さないこと。信じぬくこと。駄目になりそうな時それが」
ここでワンテンポおきましょう。
そして、面接官の目を恋する乙女のような瞳でじっと見つめます。

「・・・いちばんだいじ」

と面接官に最後の一言を言わせられればこの面接はもう受かったようなものです。
たまに面接官もファイナルアンサー後の、みのもんたのような顔をしてくることがありますが、そのプレッシャーに負けて自分で言ってしまっては駄目です。
あくまでも面接官に言わせることが重要です。
面接官に最後を言わせることによってお互いの連帯感を高め、「この試合はいけるんじゃないか」「これに勝てばついに甲子園だ」「甲子園に行けたらマネージャーに告白しよう」など、面接官に面接後のビジョンを想像させるようにしましょう。

あとは、直接関係のない雑談もよくありますね。
これは・・・

え?長くて読むのがめんどくさい?
この後も「退室の仕方」や「面接官とマイミクになる方法」「ひよこ豆のスープの作り方」などが続くのですが、もういい?
マジで?
もうちょっと聞いてもいいんじゃないすか?
あ、いらん?
そうですか。わかりました。
では、続きが気になる人は「1234days式必ず合格する面接の方法」の本を買ってください。
自費出版なので声をかけてもらえれば1冊2億円のところを1冊100万円(友情価格)で提供させていただきますので。
みんな買ってね!
[PR]
by earll73 | 2009-05-15 23:07 | ネタ
日本を元気にする方法
「日本を元気にしたい」

「いきなり何を言い出すんだよ?」

「今の日本って元気ないじゃん?」

「そうだねー」

「不景気とか派遣切りとかテポドンとかヒロポンとか」

「ヒロポンっていつの時代だよ」

「この頃麻薬汚染も毎日ニュースになってるよね」

「大学生が大麻栽培とかさ、学生ならもっとやることあるだろうに」

「そうだよね。サークルとかバイトとか合コンとかさ」

「お前の大学生のイメージはそれだけか」

「そんなに栽培したいなら有機農業でもやればいいと思う」

「学生の頃から農業に携わるのはいいかもね」

「有機栽培だったら大麻ももっと高く売れると思うよ」

「だから、大麻は栽培しちゃダメだって」

「キャッチフレーズは無農薬で育てた健康的な大麻です」

「大麻に健康的とかあるか!」

「あと、麻薬汚染も低年齢化してるよね」

「まだそんなに事件にはなってないけど、水面下では中高生にも広がってるんだろうなぁ」

「そのうち粉ミルクじゃなくて白い粉で育ちましたって子も出てくるよ」

「出てこねーよ!」

「九九の8×8(ハッパ)=64なんて子供たち大爆笑」

「そこまで敏感に反応しちゃうんだ」

「子供は注射嫌いだけど注射が好きになったら危ないよね」

「話も危ない方向に向かってる!」

「あと、危ないと言えばミサイル」

「人工衛星とか言い張ってもそんなわけないじゃんね」

「やっぱりミサイル迎撃システムにはあの人を使うべきだと思うんだ」

「あの人って?」

「イチローに決まってるじゃん」

「マリナーズの?」

「天才イチローならミサイルなんて簡単にセンター前ヒットだよ」

「どんだけ超人なんだイチローは」

「噂によると故障者リスト入りしたのも政府からの出動要請を待ってたんだって」

「胃潰瘍じゃなかったんだ」

「でも、サスライジャパンだからさすらって日本にはいなかったんだけどね」

「そこはサムライジャパンでお願いします」

「でも、本土に落ちなかったから政府的にはセーフだったね」

「そのダジャレは完全にアウトだけどね」

「イチローと言えば盛り上がったよね」

「そうそう、あれで日本はちょっと元気になったんじゃない?」

「わんこそばバトルロイヤルin町内会(WBC)優勝で?」

「規模が小っさ!」

「あそこでダルビッシュがもう一杯いってればなぁ」

「地味!そんな大会じゃあんな熱狂は生まれない!」

「でもさ、ワールド何とかクラシックも大会方式おかしいよね」

「その何とかのところが一番重要な単語だろう」

「韓国と4回も当たるなんて」

「あれはちょっとねー」

「相手を喰う的な意味で韓国と当たるたびに毎回キムチ食べてたよ」

「へー、じゃ、中国と当たった時は?」

「冷やし中華」

「中華がつくけど冷やし中華の発祥は日本だから」

「イタリアと当たるかと思ってナポリタンも食べたし、トルコと当たるかと思ってトルコライスも食べた」

「全部発祥日本だから」

「そうだっけ?」

「そもそもトルコはWBCに出てないし」

「それは知っトルコ」

「はい、さっきのと合わせてツーアウトね」

「あ、そういえば定額給付金出るじゃん」

「出るね」

「あんな金ばらまくならもっと使わなきゃいけないことがあると思うけど」

「例えば?」

「量産型イチローの生産」

「イチローからは離れろよ」

「自動車業界も不況だから車じゃなくて量産型イチローのジローとか生産すればいいのに」

「名前がおかしなことになってる」

「大衆車のカローラみたいなもんだよ」

「例えが分かりづらい!」

「でも、定額給付金出たら貰うんでしょ?」

「まー、そうだね。臨時収入みたいでちょっと嬉しいし」

「わかった!政府の現金支給にそんな意図があったなんて!」

「何?どういうこと?」

「定額給付金は日本を元気にする方法だったんだよ」

「えっ?何で?」

「元気にするには現金を配ればいいんだよ!ゲ・ン・キだけに」

「はい、アウトー!スリーアウトでゲームセット!」

「ちょっと、大麻!」

「タンマだろ!最後だから勢いで言っちゃえみたいな振り逃げ的なボケはやめて!」

「あれだ、この前のもそれかー」

「この前のって?」

「怖そうな人たちに金を出せと言われて出したんだけどね」

「うん」

「あれは日本を元気にすることに一役買ったわけか」

「それはただのカツアゲだろ」
[PR]
by earll73 | 2009-04-12 23:14 | ネタ
こんなサッカーは見に行きたくない
試合開始前はコイントスじゃなくてにらめっこで

相手チームが11つ子(ロナウジーニョ似)

客席のサポーターはオーレオーレ詐欺団

試合開始のホイッスルがほら貝

フォワードの選手の動きが明らかに機械仕掛け

司令塔はモバイル端末片手に株取引の指令ばかり

左ウィングは翼の折れたエンジェル(負傷退場)

右ウィンクは淋しい熱帯魚

泥沼離婚裁判で家庭の舵取りさえ出来ないボランチ

鏡片手に髪型ばかり気にするセンターバック

ゴールポストの横にキャバ嬢を同伴してるゴールキーパー

監督からの指示が紙飛行機で飛んでくる

もしくは「これ前の人に渡して」と手紙で回ってくる

コーチ陣は相手チームに黒魔術をかけるのに必死

お互いのチームで点の取り合いよりも恋人の取り合いが行われる

スライディングタックルから華麗にブレイクダンスを披露

出されたイエローカードをプラチナカードで買収

担架を運んできた救護班が全員喪服だった

コーナーの旗をビーチフラッグスの選手が取り合いしてる

オープンスペースに走りこんだら落とし穴(テッテレー♪ドッキリ大成功!)

ハーフタイムは芝の上でお弁当を出してピクニック気分

ハーフタイムショーで生き別れた親子が感動のご対面

ハーフタイムの監督の指示が方言だらけで全く聞き取れずに後半開始

右サイドを突破するとそこは雪国だった

左サイドを駆け上がるとひとつ大人の階段を上った気がした

レッドカードかと思ったら赤紙で戦場へレンタル移籍

ストライカーが人生のオフサイドに引っかかる

というか、存在自体がオフサイドだった

自分だけファンタジーを見ていたファンタジスタは大麻所持で逮捕

シュートを打ったら宇宙(そら)へ・・・

今打ち上げたのはボールじゃなくて人工衛星だと言い張るフォワード

ペナルティエリアでファール!PKは防いだけど、隣にドンペリ1本入りました

オウンゴールでディフェンスの選手が2人ほど切腹

ゴール後のパフォーマンスが2時間半を経過

ユニフォームがボディペイントなので汗でそろそろヤバイ

ロスタイム3分クッキング

試合終了と共に走ってきたランナーがゴールテープを切ってサライ

今日の試合のマンオブザマッチはハーフタイムの親子

ヒーローインタビューでT-BOLANを歌う

観客全員サッカーじゃなく錯覚を見てた
[PR]
by earll73 | 2009-04-07 23:24 | ネタ
続・残念なあいうえお
あ 明日からと思ってもう1ヶ月
い 犬が自分にだけなつかない
う ウケを狙ったのにマジレス
え 選びようのない選択肢
お オーレ!オーレ!マツケンサンバー♪オレ!(寝言)

か 漢字で書いて間違える
き キャプテンなのにパシリ
く 食い意地チャンピオン
け 健康器具で大怪我
こ 交番がやたら怖い

さ 最後の手段何回目?
し 親切心が仇
す スラムダンクに憧れても帰宅部
せ 接着剤でくっつければまだ大丈夫
そ そっとしておかれるほうが辛い

た タコなしタコ焼きパーティ
ち 近道で渋滞
つ ツンダメ
て テトリス棒がこない
と 鳥山明も別物だと言い張る映画

な 何もしてないのに警備員からマーク
に 肉を切らせて骨まで断たれる
ぬ 脱ぐタイミングを間違えてひんしゅく
ね ネット上では神
の ノリがぎこちない

は ハッピバースデートゥーミー♪
ひ ひかれ逃げ
ふ 袋とじの裏切り
へ 変顔オンリーの卒業アルバム
ほ 保護色みたいな勝負服

ま またお前か!
み 見て見ぬ振りをしているところを見られた
む 婿養子の立ち位置
め メモが汚すぎて読めない
も 妄想が現実を侵食してきた

や 山手線2周目
ゆ 夢の中でも3回死んだ
よ 良かれと思ってしただけなのに

ら 乱打戦で一人だけ無安打
り 力んだら出た
る 類はアレを呼ぶ
れ 冷蔵庫の奥の忘れ去られた食材
ろ ロボットの方が重宝がられる
 
わ 分かった振りをするのだけは職人技
[PR]
by earll73 | 2009-03-26 11:30 | ネタ
ドンマイ警部のパラレル事件簿 File02.真夜中の誘拐事件を追え
「鈍舞警部!大変です!2月27日、昨晩の未明に『夜』が何者かによって誘拐されました!」

「何だって?!この月末の忙しい時にそんな大事件が起こるとは」

「現在、捜査中ですが、容疑者として浮上しているのは『月』と『星』と『太陽』です」

「取り調べの方はどうなっている?」

「はい、それぞれの取り調べを行ったので報告します」

「うむ。頼む」

「月の奴はこう言ってます」

『太陽の奴がやったんですよ。夜がいなければ24時間ずっと自分が出ていられるから。犯人は目立ちたがり屋のあいつですよ!僕は夜がいなければ困るので僕が犯人なわけないじゃないですか』

「ふむ」

「次に星の言い分ですが、奴は月を疑っているようですね」

『月が怪しいと思いますわ。冬至が近づくとこんなに長い時間働きたくないっていう愚痴をこぼしているのをいつも隣で聞いていましたし。月をもっとお調べになってはいかがですか?』

「ふむ」

「最後に太陽ですが、こいつはアリバイがしっかりとあるんですよ」

『お前には動機があるだろうだって?俺はいつも夜の裏側にいるんだぜ?その俺がどうやって夜を誘拐するんだ?アリバイは完璧じゃないか!俺はやってない!月と星はアリバイがないから犯人はあいつらのどちらかだろ!』

「ふむ」

「それぞれの言い分ももっともだと思いますが、警部はどうお考えでしょう?」

「犯人はホシだ」

「え?これだけで分かったんですか?!さすが警部!」

「うむ、間違いないな。犯人はホシだ」

「その理由をお聞かせ願えませんか?」

「簡単なことだよ。犯人のことをホシと言うじゃないか。だから犯人は星だ!」

「警部、そのホシは目星のホシですよ・・・」

「そうだったか。ふむ、では、この事件は恋愛のもつれから起きた事件かもしれないな」

「それはどういうことですか?」

「犯人は夜のことが好きだった。しかし夜に拒絶されたので犯行に及んだ」

「おぉ、警部にしては初めてまともな意見」

「上司に向かって初めてまともとは何だね。その線ならば、きっと犯人は月だ」

「なぜ月だと?」

「犯人は夜に交際を申し込んだんだろう。付き合いたい。つき合いたい。月合いたい。月。犯人は月だ!」

「最初は凄いと思ったのに結局ダジャレ推理じゃないですか!」

コンコンコン、ガチャ

「失礼します!警部!たった今、太陽が自分がやったと自白しました!」

「何だって?!」

「犯行のあった昨日は雨が降っていたので、太陽の奴を誰も見ていなかったんです。奴のアリバイは崩れました。動機は月の言っていた通りです」

「では、夜を誘拐してどこに隠したんだ?」

「はい、太陽は夜を誘拐しようと追いかけていたようですが、夜は太陽には捕まらず無事に逃げきったようです。誘拐未遂でした」

「そうか、結局太陽は夜に追いつけなかったんだな。無事なら良かった」

「しかし、一つ問題が・・・」

「何だね?」

「太陽が追いかけて夜が逃げたので、日付が1日進んでしまったんです」

「ふむ、幻の1日か」

「これでは2月が1日足りなくなってしまいます。どうしましょう警部?」

「仕方ない、明日は2月29日としよう」

「それと、過去の事件を調べていたら、4年前にも8年前にも太陽は同じような事件を起こしています」

「うるう年は奴の仕業だったのか。4年に1度も同じことを繰り返すなんて太陽は罪な奴だな」

「警部の当たらないダジャレ推理もある意味罪ですよ」

「そんなこと言うかい?(誘拐)」

「・・・」

コンコンコン、ガチャ

「鈍舞警部!大変です!今度は『春一番』が何者かによって誘拐されたとの一報が!」

「何だって?!だから今年はまだ春がこないのか!また冬将軍一味の仕業だろう」

「またあいつらの仕業ですか!」

「早く捜査だ!冬将軍を捕まえないと春は来ないぞ!」
[PR]
by earll73 | 2009-02-27 00:00 | ネタ
あったらイヤな節分
01.豆じゃなくてテニスボール(硬式)を投げる

02.豆じゃなくてだんご虫を投げる

03.豆じゃなくてウニ、もしくはいが栗を投げる

04.豆じゃなくてドッジボールを投げる

05.当たったら外野

06.野茂ばりのトルネードで全力投球する人がいる

07.豆が大玉転がしの玉くらいある

08.豆の袋に「豆まき専用たべられません」と注意書きがある

09.炒り豆がなかったので冷蔵庫の納豆で代用

10.豆が散らからないように1粒1粒に糸が付いてる

11.ピタゴラスイッチばりの豆まき装置を開発

12.豪快に豆まきバズーカでドーン!

13.年の数だけ豆を食べようとしても自分の年があやふや

14.「早く豆拾って食えよ!」と言うドSの人がいる

15.それを嬉しそうに食べるドMもいる

16.片付けるのめんどくさいからエア豆まき

17.「ニートは外、家出少女は内」

18.鬼が外でいじけている

19.鬼が登場するまで来年の節分の予告編が流れる

20.鬼がローラースケートで登場

21.鬼の後ろからなぜかサンバ隊がついてくる

22.どうやら遺伝子組み換え大豆は鬼に効かないらしい

23.鬼の芸人のようなオーバーリアクションがうざい

24.鬼が逆ギレして豆を投げ返してくる

25.人の良さそうな鬼が家族でやってきて切なくなる

26.鬼がテーブルマジック始めちゃう

27.なまはげも友情出演しちゃう

28.外に逃げる鬼に出待ちのファンがいる

29.赤鬼と青鬼がジャージを着て「なんでだろう~」と歌っちゃう

30.鬼かと思ったら酔っ払って顔を赤くした親父だった

31.節分延期のお知らせ ※鬼さんがインフルエンザにかかったため今年の節分は延期になりました

32.福は内で福田元首相が家に入ってきちゃう

33.入ってきた福の神がどこかの尊師そっくり

34.福の神なのにどう見ても幸の薄そうな顔をしている

35.福の神に「幸せにしてやるから金出せよ」と言われる

36.福の神の満面の笑みから逆に恐怖を感じる

37.鬼と福の神はグルだった

38.恵方巻きが1mある

39.恵方巻きでポッキーゲーム

40.今年の恵方はトイレの方角だった

41.恵方巻きにかける願いは「来年も恵方巻きを食べられますように」

42.恵方巻きを食べてる時は喋れないのでオナラで会話

43.恵方巻きを食べ終わっているのに皆無言

44.玄関に飾った鰯が恨めしそうにこっちを睨む

45.鰯と柊と一緒に短冊も飾ってある

46.家族で楽しむ任天堂Wii豆まき

47.豆を投げる度に頭にタライが落ちてくる

48.隣の家からはなぜか「わっしょい!わっしょい!」という掛け声が聞こえてくる

49.ノーパン豆まき

50.明らかにさっき投げた豆が夕飯に出てきた
[PR]
by earll73 | 2009-01-28 00:00 | ネタ
オニトーク
「そう言えばもうすぐ節分だね」

「何その唐突な話の入り方?」

「そこはみんな分かってると思うからスルーしてよ」

「あ、はい」

「何で節分って豆をまくんだろうね?」

「邪気を祓うためじゃないの?」

「豆って当たると痛いんだよね。別に豆じゃなくてもいいじゃん」

「例えば?」

「塩とか」

「それならあまり痛くなさそうだけどちょっと違う気がする」

「よく全裸で塩を撒いて気合を入れたりするじゃん」

「全裸で気合ってどんな変態行事だよ!」

「優勝したら『私は帰ってきました!』って」

「それ豆まきじゃなくて相撲じゃねーか!」

「じゃ、マメまきじゃなくてコメまきとかは?」

「米なら小さいから撒きやすいかもね」

「ついでにブーケも投げよう」

「ライスシャワーとブーケは結婚式だろ!」

「マメじゃなくて、アメとかウメとかカメとかは?」

「語呂が似ていればいいっていう問題じゃない」

「まぁ、ゾウガメは投げるの大変だしね」

「亀ってゾウガメを投げるつもりだったのかよ!無理だろ!」

「飴も食べかけのはベトベトしてるから鬼は嫌がるだろうなぁ」

「食べかけは鬼じゃなくても嫌!」

「考えてみると鬼も可哀想だよね」

「豆をぶつけられて追い出されるんだもんね」

「というか、鬼のその後なんて悲惨だよ」

「その後?」

「家を追い出される → 行くところがない → 仕事もない → 派遣村へ行く → なけなしの金で買ったタバコを吸いながらTVのインタビューに答える → 嗜好品買える金があるじゃないかとネットで叩かれる → 派遣村を追い出される → 橋の下での生活になる → もう生きていく気力もない → 自分をこんな目に合わせたのはあの豆まきのせいだと逆恨み → 復讐を思いつく → 豆まきした人をナイフでグサリ → 人生オワタ\(^o^)/」

「ね、悲惨でしょ?」

「いまどき安い2時間ドラマでもそんなベタな展開ねーよ!」

「そうかな?」

「というか、鬼が派遣村に行くな!」

「あと、節分には恵方巻きも食べるよね」

「そういう風習もあるね」

「恵方巻きって7種類の具が入ってるの知ってる?」

「へー、あの太巻きに7種類も入ってるんだ」

「そう、で、世界中に散らばっている7種類の具材を全て集めると大きな龍が出てきて何でも願いを・・・」

「それ何てドラゴンボール?」

「豆つぶってクリリンのことかー!!!」

「いや、何も言ってないし。それ単にクリリンのことかーって言いたいだけだろ!」

「たった三匹の豆つぶがこの鬼に勝てると思ったのか?」

「豆つぶじゃなくてアリ、鬼じゃなくて恐竜ね。フリーザの台詞は」

「よくわかったね」

「つか、これ以上マニアックな話になると大体の人は付いて来れないと思うよ」

「じゃ、恵方巻きのルーツって知ってる?」

「知らないけど?」

「聞いた話によると、江戸時代の農民が度重なる年貢の取立てで一向に楽にならない生活の気晴らしをしようと、地主に振舞う太巻きを細工したのが始まりだと言われているんだ。その太巻きは玉子の替わりにからしを、きゅうりの替わりにわさびを、桜でんぶの替わりに七味を入れたりして、何十本の太巻きの中にひとつだけその激辛太巻きを忍ばせておいた。節分の時に地主がそれを食べる反応を見て日頃の鬱憤を晴らしたのが最初だったらしい。恵方巻きという名前も、そんな阿呆みたいな具材を使って作ったから阿呆(あほう)巻きと呼ばれるようになり、それが心の恵みをもたらす巻きものだということで阿呆巻きが訛って恵方巻きになったらしいよ。後日談もあって、明治時代になり鎖国も終わると、この阿呆巻きが海を渡ってロシアにたどり着いた。複数の選択肢の中で一つだけ外れがあるというこの方式はギャング映画なんかで見る拳銃にひとつだけ弾丸を詰めて交互に打ち合うロシアンルーレットの原型にもなったらしいんだ。日本の恵方巻きがロシアンルーレットのルーツなんて凄くない?・・・という嘘が実しやかに流れているから気をつけて!」

「嘘かよ!っていうか、なげーよ!」

「こんなの嘘に決まってるじゃん」

「お前の無駄な話を長々と聞いていた俺の貴重な時間を返せ!」

「怒ってる?」

「怒ってるよ!」

「俺は怒ったぞ!フリーザー!!!みたいな感じ?」

「ドラゴンボールはもういいよ!」

「まぁまぁ、渡る世間に鬼はなしって言うし」

「今のシチュエーションで言うことわざじゃないだろ!」

「そんな鬼の首を取ったような言い方しなくてもいいじゃん」

「それも微妙に使い方が違う!」

「鬼で思い出したけど、みんな人それぞれ理想の鬼像みたいなのあるじゃん?」

「ねーよ!何、理想の恋人像みたいなニュアンスで語ってんの?」

「鬼はファッションもダサいからね」

「ファッションって言っても鬼は金棒に虎柄の腰巻だけでしょ?」

「頭に出っ張ったカチューシャもつけてるじゃん」

「あれは角!」

「金棒は怖すぎるから綿棒にしたらいいと思う」

「弱っ!」

「虎柄もせめて豹柄にすればセクシーなのにね」

「鬼にセクシーさとかいらないだろ」

「もし鬼がセクシーだったら桃太郎にも勝てたかもよ?」

「そんなわけないだろう」

「Club 鬼ヶ島へいらっしゃ~い」

「キャバクラかよ」

「『うふふ、所詮、桃太郎も男よね』とか何とか言って手玉に取れそう」

「豹柄の色気で手玉に取られる桃太郎見たくないわ」

「でも、オカマバーなんだけどね」

「鬼ヶ島っていうお店の名前はぴったりだな」

「体の色もさー、赤鬼は高血圧で怒りっぽそうだし、青鬼はみるからに不健康そうだし」

「完全に色のイメージだけで話してるだろ」

「やっぱり緑色がかっこいいと思うよ。ナメック星人みたいで」

「またドラゴンボールかよ!」

「まぁ、こんな感じが理想の鬼像なんだよね」

「頭には角がなくて、体が緑色で、綿棒を持って、豹柄の腰巻?」

「そうそう、そんな感じ」

「じゃ、お前来週その格好しろよ」

「嫌だよ」

「嫌なんじゃねーかよ!」

「もう来週なんだから俺らの出番は」

「鬼はこの時期大変なのよねー」

「よし、じゃ、豆を撒かれて逃げる練習をするぞ!青鬼よ」

「痛いの嫌だけど人間のために頑張ろうか。赤鬼くん」
[PR]
by earll73 | 2009-01-27 00:00 | ネタ
ドンマイ警部のパラレル事件簿 FILE01.サンタ大繁殖の真相を追え
【ドンマイ警部のパラレル事件簿】
FILE01.サンタ大繁殖の真相を追え


「鈍舞警部!大変です!この雪の中、街中にサンタクロースが溢れています!」

「そりゃ、クリスマスだからサンタの格好をした売り子なんて街中たくさんいるだろう?」

「違うんです!本物を自称するサンタが1人や2人じゃなく、10人や20人、いや、それ以上数え切れないくらいいるんです!」

「何だって?!」

「しかも、誰も彼もが自分が本物だと言ってきかないんです!」

「ふむ」

「しかも全員が同じ顔、同じ体型をしているので全員が同一人物に見えて見分けがつきません」

「もしかしてそれは・・・」

「さすが警部!何か心当たりが?」

「サンタ一人だけでは世界中の子供たちにプレゼントを配りきれないだろう?だからサンタは複数いると聞いたことがある」

「でも、今回の何十人といるサンタは顔の形も全て同じなんですよ?」

「双子の線か。いや、何十人子?」

「そんな兄弟いるわけないじゃないですか」

「それなら分身の術かもしれないな。サンタのルーツは忍者にあったのだ」

「そんな説は初めて聞きましたよ」

「甲賀か伊賀か・・・」

「いや、そういう問題では」

「それなら、クローン技術の発達で人工的に作られたクローンサンタでは・・・」

「クローンサンタ?」

「そのサンタを使って悪の組織が世界征服を狙っているのかもしれない」

「それなら別にサンタじゃなくてもいいじゃないですか。しかもサンタだったらクリスマスの1日しか使えない」

「それもそうだ」

「ちゃんと考えて下さいよ!」

「考えとるよ。サンタテロの可能性もあるな」

「テロですか?」

「この時期にサンタならみんな安心するだろう?その隙を狙って・・・」

「でも、それではみんな同じ顔という点が解決出来ませんが」

「うーむ、わしの推理で事件は解決に向かっていると思ったのだが、暗礁に乗り上げてしまったか」

「いや、最初から暗礁に乗り上がったままですが・・・」

コンコンコン、ガチャ

「失礼します!警部!複数のサンタの取調べを行ったところ犯人がわかりました!」

「何だって?で、犯人は誰だ?」

「お孫さんでした」

「孫?」

「取調べを行ったところ、あのサンタ全員に共通した一人のお孫さんがいることがわかりました」

「どういうことだ?」

「サンタは子供の願いを叶える存在じゃないですか」

「ふむ」

「あのサンタたちは自分のお孫さんの『おじいちゃんに会いたい』という想いの数だけ、その願いを叶えるべく増殖してしまったらしいのです」

「ほう」

「その結果、あのように同一人物がたくさん現れてしまったようです」

「なるほど。孫からすれば、おもちゃを貰うよりも、祖父に会えることの方が一番のプレゼントだったというわけか」

「悪の組織でもテロでもなくてよかったですね、警部」

「ゴホンゴホン、それで今の状況は?」

「はい、その真相を知って、サンタたちは手分けをしてプレゼントを配ろうと一致団結しています。この雪の中でも全員で協力すれば早くお孫さんのところに帰れるからと」

「おぉ、それは良かった。雪降って爺(地)固まるか」

「(スルーして)これで事件も解決ですね」

「うむ。今回は愛ゆえに起こった事件だったな」

「警部はクリスマスどうするんですか?」

「わしもサンタのお孫さんのように愛してくれる家族がいればいいのだがね」

コンコンコン、ガチャ

「失礼します!鈍舞警部!大変です!街中にトナカイが溢れています!」

「そりゃ、クリスマスだからトナカイの格好をした売り子なんて・・・って、さっきも同じような台詞を言ったような気がするが」

「違うんです!何十匹、何百匹の本物のトナカイが放たれて街中大パニックです!」

「ふぅ。サンタの次はトナカイか。どうやらわしも事件からは大そう愛されているようだな・・・」

「警部はメリークリスマスじゃなくて、メリークライム(Crime)マスですね!」

「うるさい!家族もいないシングル・ベルなんだからいいんだよ!早く捜査に向かうぞ!」
[PR]
by earll73 | 2008-12-24 00:00 | ネタ
強盗です
ピンポーン

「はい、どちら様?」

「強盗です。玄関のドアを開けてください」

「は?」

「いや、だから、強盗です。開けてください」

「何なのよ?後藤なんて知り合いにいないわよ」

「後藤じゃなくて強盗です、奥さん」

「強盗が自分で強盗ですなんて言う訳ないじゃない!」

「Go toです」

「どこに行くのよ!」

「いや、だから家の中に・・・」

「自分で強盗なんて言っている人を家に上げるわけ無いでしょ!」

「じゃ、物取りです」

「別の言い方してもだめ!」

「じゃ、モノポリーです」

「意味がわからないわよ!」

「じゃ、泥棒です!盗人です!こそ泥です!」

「どんどんランクが下がっていくわね・・・」

「どうしても玄関を開けないつもりですね?」

「そうよ!当たり前じゃない!」

「じゃ、ぶち破りますよ?」

「そんな事したら警察呼びますからね!」

「もう自分自身にうんざりなんです!」

「だからって、うちの玄関のドアをぶち破るのは全然関係ないじゃない!」

「ドアじゃなくて自分の殻をぶち破りたいんです!」

「それこそ他所でやって!」

「殻をぶち破ってピリオドの向こうへ行きたいんです!」

「まずはうちの敷地の向こうへ行って!」

「はは~ん、僕が殻を破って新しい自分に変身するのが怖いんですね?」

「いや、そういうことじゃないでしょ!」

「僕が新しい自分になって、水も滴るいい男になっても惚れないで下さいよ?」

「惚れません」

「いい加減、玄関のドア開けてください。もう限界です。」

「何が限界なのよ?」

「おしっこ漏れそう」

「え?」

「大の大人が他人の家の玄関でお漏らしですよ?それでもいいんですか?」

「いいんですかって、それはこっちのセリフよ!漏らしたくないなら早く帰って!」

「もう諦めます。やっぱり僕には殻を破るのは無理でした。」

「え?」

「何か大きなことやって自信をつければ自分の殻をぶち破れるかなって思ってこんなことしてみたんです」

「犯罪なんてしたって大きなことにならないわよ」

「・・・」

「メディアに取り上げられるのも一瞬だけ。明日になればあなたのことなんて誰も覚えてないんだから」

「はい、そうかもしれません」

「犯罪なんてくだらないことより、あなたにはもっとやれることがあるはずよ」

「それがわかればこんなこと・・・」

「甘ったれるんじゃないわよ!みんなそうやって悩んでいるの!自分だけ被害者面しないでちょうだい!」

「うぅ・・・」

「ちょっときつい言い方しちゃったみたいね」

「いや、嬉しいんです。今までそうやって叱ってもらったことなかったから・・・」

「そう。明日からはこんなくだらない考えを捨ててしっかりと生きなさい」

「うぅ、ありがとうございます」

ジョワジョワジョワ・・・

「何?泣いてるの?」

「いや、泣いてるんじゃないんです。ちょっと・・・」

「ちょっと何よ?」

「玄関に水が滴って・・・」

「水?雨なんて降ってないじゃない」

「話が長いから水が・・・」

「まさか!」

「漏らしちゃいました」

「えー」

「だから、もう限界だって言ったのに・・・」

「でも、これで、殻を破って水も滴る男になれたじゃない」

「こんな滴り方は嫌だ!」


---------------------------

足もリハビリ中だけど、ネタを書くのもリハビリ中です・・・
[PR]
by earll73 | 2008-07-30 22:22 | ネタ
世界冥作劇場2
世界冥作劇場

■一寸法師
「姫!その打ち出の小づちを私に向けて振ってください!」
「わかったわ!えい!」
ぐちゃ
「あ!!!」

■金の斧銀の斧
「貴方がこの池に落としたのはこの金の斧ですか?
 それともこの銀の斧ですか?」
「いいえ違います」
「では、彼女に誓ったこの永遠の愛ですか?」
「はい、それです!」
「どうせまたすぐ落として無くすくせに。」
「嫌な女神だな、オイ!」

■はなさかじいさん
「枯れ木に花を咲かせましょう!」
「もしもし、あ、警察ですか?
 人の家の庭で灰をばらまく不審者がいるんですけど・・・」

■白雪姫
「鏡よ鏡よ鏡さん。この世で一番美しいのは誰?」
「はぁ?この世でとか言って、この世に何人の人間がいると思ってんのよ?まさか自分が一番とか思ってないよね?鏡を見てから言えって、プププ。あ、今見てるのか。つーか、人をそういうひとつのものさしでしか測れないなんて最低だと思わない?それに理想主義のカタルシスが・・・」
パリン!
「うぜぇ!(・・・つい手が出てしまった)」

■一休さん
「一休、この屏風の虎を縄で縛ってみせよ」
「それではまず、この虎を屏風から出して下さい」
「うむ。ほれ」
グルルルル
「え?」
ガブッ!
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
「いっきゅうぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

■アリとキリギリス
「キリギリスくん、そんなに遊んでばっかりで冬は越せるの?」
「キリギリ(ギリギリ)っす!」
「くだらなすぎて放送コードもギリギリだね・・・」

■桃太郎
「桃太郎さん、桃太郎さん、きび団子を頂けたらアッシもお供しやすぜ」
「猿の君がいてくれたら心強い、お願いしよう」
「さすが桃太郎さんだ、噂はかねがね聞いておりますよ。
 強くてやさしくて、そして男前ときてる。
 アッシが見込んだとおりのお人だ、それに・・・(ペラペラペラ)」
「(話なげー)で、君の名前は?」
「へっへっへ、名乗るほどの者ではありやせんが、
 アッシは日光からやってきました三猿の一匹の言わ猿という者でやんす」
「お前、饒舌すぎだろ!」
[PR]
by earll73 | 2008-05-25 01:32 | ネタ